お風呂でのぼせない方法ってあるの?

お風呂でのぼせない方法ってあるの?

お風呂でのぼせない方法

お風呂でのぼせてしまう人が、のぼせないようにするには、まず長く入りすぎないことが第一原則です。

のぼせるという現象は、頭の中に行く血液が温まるということが問題になります。

だから、頭の中の血液を冷やして上げればいいのです。

そのために、タオルを水に濡らしてから軽く絞って、頭の上にのせてからお風呂に入る方法をオススメします。

よく映画やテレビなどで見る光景かと思いますが、冷えたタオルを頭にのせてからお風呂に入ると、頭の中の血液が少し冷えて、のぼせづらくなります。

また、子供は全体の体積が大人と比べてすくないので、大人よりものぼせやすくなります。

なので、子供と一緒にお風呂に入る場合は、額にうっすらと汗をかくのを目安にしてみてください。

子供は体温が上がりやすいので、額に汗をかくぐらい入れば十分です。