風邪を引くと、お風呂に入っちゃダメなの?

風邪を引くと、お風呂に入っちゃダメなの?

子供の頃、親に「風邪を引いたら、お風呂に入っちゃダメ!」なんて言われたことがあったと思います。

実は、これは日本だけで言われていること。医学的な根拠は一切ありません。

では何故、そんなふうに言われるのか?

お風呂に入るという行為は、実は結構体力を消耗する行為なんです。

高熱がある時や、寒けを感じる時、身体がダルイ時などに無理にお風呂に入ると、それによってさらに症状が悪化したり、脱水症状になることもあります。

ではやっぱり風邪の時はお風呂に入っちゃいけないのかというとそういうわけではありません。

風邪の時は風邪の時なりの入浴方法があるのです。

まず、長風呂は体力を激しく消耗させるので控えます。

汗を流したいのであれば、軽くシャワーを浴びる程度に。

頭痛がある場合は、入浴によって脳への血流が促され、さらに症状を深刻化させることもあり得るので冷たいタオルで頭部を冷やしながらお湯に浸かるなどの工夫を。

入浴後は、湯冷めに気をつけ、保温・水分補給を忘れないようにしましょう。

病気のときこそ、身体は清潔に保ちたいもの。

上手な入浴方法で、風邪なんてキレイさっぱり治したいですね。


口内炎の原因 口内炎ができる原因と治療法

ワイン ラベル